ぬくみ実況まとめ(12/15~12/21)

nerd1 (1)12月半ば後半の温水箱の運用状況です。

エコプロダクツ終了すぐ後だというのに、火~土の5日間 いつもの関西出張でした。
疲れが溜っていたのかずっと風邪ひき状態でしんどかったです。

滋賀県の南東側が出張先で、さらに東に進むと鈴鹿の峠を経て三重の平野に至ります。
このあたりは福岡北部に比べると寒さは厳しく、早朝はほぼ0度くらいで道路も凍り気味だったのですが、雪がしっかり積もるほどではありませんでした。

同じ滋賀県でも、琵琶湖の南端に大津市の中心があり、そこから北上するごとに積雪の度合いが変化していきます。琵琶湖西岸の太陽光発電所オーナーはそこそこの積雪にあったらしく、雪を降ろすか、それともその後のさらなる降雪を考えて様子見しておくか判断が付けづらいようでした。
東岸も彦根あたりになると雪が積もりやすくなり、東岸北側の山地は日本でも指折りの積雪地域です。琵琶湖の最北部はまさに北陸といった感じになります。

こうやって他県の天気に左右されているなか、自宅のぬくみちゃんも冬の洗礼を受けておりました。

20141215-1221九州北岸は雪がちらつく事は多く、平地では積もることは稀ですが、北九州市では皿倉山などが早々に冬化粧をまといます。1週間寒波が押し寄せて風も強く雪もちらちらしている中、お湯を作る機会はあまりなかったようです。12/19は初期水温+34℃なのでそれなりに頑張ったといえるでしょう。しかしお湯を取り出すタイミングが遅めでしっかり冷えてしまっていますね。

さて、今年はあと1回まとめを報告して、もう1回は正月を挟みますね。
1月からは新型のぬくみE型を稼働したいと思います。
DSCN0016 - コピー (Custom)
性能が良いのか、綺麗につくりすぎて性能が落ちてしまっているのか、運用すれば判ってくると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)