山の2月に春の訪れ

私ぬくみねっとです。

2/9

さて、私はいろんな仕事が立て込んできてまして出張ばかり。

そうしている間にも季節は移り変わっていきます。

最近菊芋の売れ行きが好調なので、また出張に向かう前に、と手光の山に掘りに行きました。

少し前と変わらない冬の佇まいなのですが、

入口の道端に、いつもの踊子草が花をつけて待ってくれていました。

去年も一昨年も、春の訪れを一番最初に教えてくれました。

池の堤には立派なノゲシが生えていました。

レタスの原種に近いそうで、手折ると白い汁が出ます。

セリは年間を通して最も勢いのない状態でしょう。ヌタ場に縮こまっています。

今年はセリを育てるスペースを作りたいところです。

クレソンもいくつか見つけました。ローゼット状でコンパクトです。

こちらは冷たい水を好むので、より山に近い日陰に集めたいところです。

カエルが沢山卵を産んでいました。
カエルは山の虫をたくさん食べて、山を訪れると素っ頓狂な声を立てて水に飛び込み、時折訪れるサギなどにたくさん食べられます。

 

さて次のアウトドア料理の日(2/19 日曜日)が迫っています。

ノゲシは温サラダで苦く美味しく食べたいところですが、さて他に何を作ろうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)