蜂の巣箱をメンテナンス

私ぬくみねっとです。

3/25

とても素人っぽい記事を書きますが、正しくその通りなのでご了承ください。

 

今年こそ二ホンミツバチに入居してもらうぞ、と

2~3年間ほど蜂が入らなかった巣箱を久しぶりにメンテナンスしようとしたのですが、

巣箱の中には大量に蟻が住んでおりました。

木屑が箱内にたまっており、木材がいろんな箇所で穴あきになっています。

しっかり水洗いしたものの、その穴には蟻が沢山住んでいたりして

匂いもついているでしょうし、とてもそのまま使えたものではありません。

こんなに穴が開いて。

木材に正体不明の穴が開くのは昔から見ることがありましたが、

原因は蟻だったのですね。

 

ということで、胴体の部分だけ残し、それ以外の底板・点検用の内蓋・外蓋は

新たに作り直しました。そして他の方が上から被せる日よけ・雨よけを作っておられるので、

私はなんとなく屋根風に作ってみました。でも、もっと庇を延ばすべきかな。

切妻屋根から入母屋造にすべきか。

 

キンリョウヘンの開花がどんどん進んでいるので、出張中に咲き終わらないか冷や冷やしてますが、

ともあれ蜂を迎える準備をしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)