6/18 たいようの恵みでアウトドア料理!開催いたしました。

私ぬくみねっとです。

6/18

 

6月というのにとても良い天気に恵まれました。6月は雨が降らなければ最も日射が強いということになります。

参加者も少ないという事で今回はコンロも使用せずにソーラクッカーのみで調理することにしました。

(忙しいのに調理を途中まで手伝ってくれたT子さん有難うございます!)

とれたばかりのじゃがいもと玉ねぎを活用してみます。

さやが紫の豆「ツタンカーメン」 剥くと普通の豆のようです。

米をとぎ豆と一緒に水にひたしておきます。

かるぴかで厚切りベーコンとにんにくとをを炒めました。ジューっと音がして、ベーコンに熱が通っていきます。

焦げはなかなかつかないので確かにコンロの弱相当といったところでしょう。

黒い鍋にアルミホイルを敷き、玉ねぎ、じゃがいもを敷きさっきのベーコンを載せまして

ソーラーオーブンに収めてじっくり加熱します。

こんどは汁を作ります。刻んだ玉ねぎをかるぴかで炒めて

後に刻んだじゃがいもを入れて

先にかるぴかで沸かしておいたお湯を注いでこれらを煮て

やわらかくなったらマッシャーでつぶしお湯を足して味付けします。

ご飯もかるぴかで炊きます。1時間強で炊きあがりました。

米を炊いている間はすることがありませんので蓮を植えたり、マコモ畑の草取りをしたり。

さて、ジャーマンポテト(風)が完成したようです。

スープも温め直し。

ご飯が炊けて完成です!

ご飯は、豆を入れたので念のため酒も入れてたのですがその分柔らかくなったようです。

ツタンカーメン豆を入れて炊くと結構赤い色がつくのですが、比較的低温調理のため

それほど色はでませんでした。

ジャーマンポテト(風)は、しっかり熱も通り柔らかくておいしかったです!

じゃがいもポタージュ(風)は、あえて非電化ということで手でマッシュした食感を楽しみました。

しかしジャーマンポテトと材料がかなり被ってました(笑)

 

今回はソーラークッカー大活躍でした。仕込みさえしっかりすれば調理時間は太陽にまかせてのんびり待つ感じなので

かまどを使う時よりも忙しくなくて面白かったですね。

午後はなんとか水の確保が出来た田んぼで田植えをしたりと充実した一日となりました。

次は7月です。去年はトウモロコシを茹でたり流しそうめんを楽しんだりととても夏らしい一日だったのですが、

今年はどのように楽しめるでしょうか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)